コンバトラーVのリタッチ

コンバトラーVのリタッチ
 
 

前回取り上げたバンダイボックスアートコレクション小松崎茂は、キャラアニでのセールがまだ続いているようです(2011.4.15現在)。

 

この画集に収録されているビッグ・コンバトラーVの原画には、気になる点があります。
 
 

こちらは当時発売された実物の箱画像(電撃ホビーマガジン2010年6月号より)。
両者を見比べると、微妙な違和感が生じないでしょうか。
 
 

並べてみると、胸部と腹部をつなぐ断面の色が異なっているのがわかります。
脚部の質感表現も、当時の箱絵は塗り分けているのに対して収録原画はエアブラシになっています。
他にもバトルクラフトや超電磁ヨ-ヨーなどに細かく手が加えられているようです。
なぜこのような差異が生じているのでしょうか。
 


実はビッグ・コンバトラーVの箱絵は、1981年」ころに再版されたジョイントモデルに流用されたことがあります。
この再版では画像の三つとガイキングの計4種が白の単色成形で発売されました(ガイキングは倉庫の奥にあるので今回は発掘できず)。
 

これらのうちグレンダイザーとガイキングの箱絵は描き下ろしで、ライディーンは同時期に再版されていた700円プラモの箱絵が兼用されました。
コンバトラーVだけはなぜか過去商品の箱絵が流用されて小松崎茂の絵になっていますが、この頃はガンプラブームでエアブラシ画が主流になっていたため、最低限の画調の統一をねらって部分的にブラシでリタッチしたのではないかと想像されます。
 
 
こうした処理は印刷段階でも可能なのだろうと思っていましたが、画集に掲載の図版を見ると原画に直接手を加えてしまったようで、残念です。
リタッチ部分の色調などを見ると小松崎本人による修正とは考えにくく、原画に他者の手が入ってしまったのだとすればなんとももったいないことだと思います。
 
なお、画集ではこの点にまったく触れられていないのですが、なんらかの注記や説明は必要だったのではないでしょうか。
 


この画集は他にも不備や不手際が目立ちます。
画像は仮面ライダーの掲載ページですが、せっかくの原画が本の綴じ目にかかってしまっています。
絵を横にレイアウトすれば同じサイズでも綴じ目にかからず掲載できるのに、そうした工夫は見られません。
書籍として縦方向のレイアウトに統一しているなら仕方ないとも思えますが、コスモゼロなどは横レイアウトで掲載されているので理解に苦しみます。
 

 

こちらはゲッターロボのページ。
大きく扱われているのはモーター版ゲッター1とゼンマイ版ゲットマシンの箱絵ですが、これらは1998年に再版されているので現在ではおなじみの絵です。
むしろファンが期待するのは、再版時になぜかゼンマイ版の絵と差し替えられてしまったモーター版ゲッター3や再版の無いゲッターロボ秘密基地の箱絵だと思いますが、これらはごく小さなサイズでの掲載で、ゲッター3は綴じ目にかかってしまっているというひどい扱いです。
 

この画集には過去に掲載実績の無い原画が多数収録されており、その点において必携であることは間違いありません。
しかし作品の掲載順やレイアウト、解説などには不手際が多く、書籍としての完成度は残念ながら高いとは言い難いです。
全体に「知識も愛情も無い編集者によるやっつけ仕事」のような印象が強く、せっかくの出版の機会を十全に活かしきれていないのはファンとして残念に思います。
 
 
スポンサーサイト



[ 2011/04/15 03:35 ] 暫定 | TB(0) | CM(10)