ダン対セブンの決闘(または、サイボーグ作戦)


P6142937.jpg
ジュワッ!

P6142947.jpg
デュワァッ!

P6142924.jpg
ウルトラセブンがふたりいる?

P6142971.jpg
困惑するアギラ(笑
(丸昌5円ブロマイドより)



P6142943.jpg
タカラが1972年に発売した変身サイボーグ1号の変身セット・ウルトラセブン。
生産時期によって仕様の異なるバリエーションが存在しています。


P6142933.jpg
前期生産分は白成型のマスクが銀塗装されています。
ビニールスーツは透明度が高く、紅色っぽい暗めの赤になっています。

P6142963.jpg
スーツの透明感は内蔵素体の関節部が透けて見えるほどです。
(画像ではニューコンバットジョーを使用)

P6142966.jpg
プロテクターは熱処理でディテールが刻まれた上に銀塗装されています。
なお最初期生産分ではこうした処理は無く、線画のイラストのようにプロテクターが描かれただけだったそうです。
そのバージョンはたいへん稀少で入手困難なようです。


P6142950.jpg
後期生産分はマスクが銀成型に変更され、スーツはほとんど透けない朱色っぽい赤になりました。

P6142967.jpg
プロテクターのディテールは前期より浅くなっているようですが、これは個体差かもしれません。


P6142931.jpg
初期変身セットのスーツは左の肩口が鬼門のようで、どちらも切れた形跡があります…

本来はグラブとブーツにも色調の変化などあるのかもしれませんが、画像では手持ちの適当なダブリパーツを使用しているのでそのあたりはわかりません(^^;
さらにネタばらしすれば、2種のマスクと2種のスーツはすべて別個に入手したものを組み合わせた状態なのです(ひどい



以上の変身セットについての情報はオモチャ好きなら常識?でしょうから、今回は別な情報も。


P6142955.jpg
サイボーグと同じ1972年に発売されたブルマァクの30㎝サイズ・マスク取れ仕様のウルトラセブンソフト人形。
画像の個体はソフトビニールの材質がかなり軟質で、紅色っぽい暗い赤で成型されています。


P6142953.jpg
こちらの個体は可塑剤が抜け切ってしまったように材質が固く、色は朱色っぽい赤です。
偶然ながら、変身セットと同じようなバリエーションが存在しています。


P6142959.jpg
これらは2体に対してマスクはひとつしかありません(^^;
しかも例によってすべて別個に入手したものです。

経済力の後ろ盾を持たないオモチャ好きは、イロイロと要らぬ苦労をしょい込まざるを得ないのですね…(泣笑





P6142945.jpg

ところで、ウルトラセブンの主題歌に関しておかしな思い出があります。

1970~71年のこと。
近所の友人のひとりが、自分のレコード(またはソノシート?)では2番を「モロボシダの~」と歌っていると言うのです。
そんなバカな、と数人でその子の家に行き、それなりにちゃんとしたステレオセットでそれを聴かせてもらいました。
すると確かに「モ~ロボシダの~」と歌っているので「なんだこりゃ!」とみんなで爆笑しました。

その後はそんなカバー版を聴いたことがないし、そもそも各社共通で日音の音源を使用できたのにわざわざそんなカバー版が作られていたかどうかもあやしく感じられもします。

これは自分の記憶違いなのでしょうか。
「モ~ロボシダの~」というセブン主題歌をご存知の方は、ぜひご教示下さい(^^;


スポンサーサイト



[ 2020/06/14 22:30 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(4)

初期型コンバイン?


P1303275.jpg
ひたいに輝くVとV!

以前ポピニカバトルジェットについて取り上げた際、耳が濃紺のバトルジェット・前腕が明るい青のバトルクラッシャーが初期生産分なのではないかと考えました。


blog_import_5d2c5582ccfed_2020013020074022f.jpeg

blog_import_5d2c558110caa_20200203093756d95.jpeg
これはその傍証となっている、てれびくん1976年11月号(小学館)懸賞ページの写真です。
発売がもっとも遅かったバトルクラフトは追加パーツが無くドリルもメッキされていないので、まだ試作段階の物と思われます。
他の4機はすでに製品状態になっているようで、ジェットの耳は濃紺でクラッシャー前腕は明るい青色、さらにクラッシャー本体の塗装色は普及品より明るいメタリックブルーになっているように見えます。
なおバトルジェットがおかしな状態で合体していることについては後述します。

P1303306.jpg
こちらはポピニカバトルクラフトの箱に掲載の見本写真、やはり耳は濃紺・腕は青色になっています(印刷時の補正もあるようです)。

以前の投稿時に、腕が青色のクラッシャーを新品状態で入手した方からコメントをいただきました。
そのクラッシャーは同梱カタログなどから76年夏ころの初期生産分と考えて間違いないだろうとのことで、通常は1個の平手パーツが左右2個分付属しているそうです。
自分の手元には耳が濃紺のバトルジェットはあるので、いつか腕が青いクラッシャーを入手して初期型のコンバインを再現できたらと考えていました。


P1303261.jpg
そして近年ようやく、状態のよくない中古ですが腕の青いクラッシャーを入手。
勇んで合体させようとしたのですが……バトルタンクと合体できませんorz
どうやら初期型クラッシャーは合体部の横幅が1ミリ弱くらい広くなっているようで、初期のタンクもそれに対応した作りになっていたようです。
初期型コンバインの再現にはタンクの初期版も必要ということになってしまいました…

P1303278.jpg
しかしバトルタンクは、明確に初期生産分とわかる特徴があるのか不明です。
やむなく、付属品などから「初期っぽいかも」と思える中古を入手してみたのですが、合体できず…(T  T
さらにもうひとつ中古を購入してみても、やはりダメでした(泣
しかたないので、そのうちひとつのタンクを合体専用と割り切ることにし、合体時に支障となる部分をダイヤモンドやすりで削ることにしました。
合金オモチャにこんなことをするのは初めてです…

また、このころには「どうせなら初期型と普及型のコンバトラーを並べたい!」という野望がふくらんできて、マリンとクラフトもまあまあの中古を入手しました。
これらも本来は初期生産品には固有の特徴があるようですが、そこまではこだわれなくて「とりあえず合体できればいいや」という感じです。

P1303288.jpg
さて、ダイヤモンドやすりでガリゴリと削って、なんとかクラッシャーとタンクが合体できました。
よろこんで他のマシンを合体させようとすると……マリンが合体できないorz
どうやらタンクとマリンの接合部にも生産時期による違いがあるようです、初めて知りました…

試しにもうひとつの余っているタンクでやってみると、なぜかマリンと合体できる!
この時点でタンクAはクラッシャーとのみ合体可、タンクBはマリンとのみ合体可という状態になり、やむなく今度はタンクBのクラッシャー接合部をダイヤモンドやすりでガリゴリ削るハメに……


P1303255.jpg
以上のような過程を経て、なんとか初期型(風)コンバインが完成しました。

なお、初期型ジェットとクラッシャーの接合部はものすごくタイトで、どんなに注意深くやっても絶対にジェットの塗装が剥がされます(T  T
これも、やってみて初めて知りました……とりあえずグリスなどで対応すれば少しは被害を軽減できるかもしれませんがジェットの機体上面は高確率で塗装が剥げるので、バトルマシン状態も楽しみたいなら合体させない方が無難なようです。

てれびくん懸賞ページのおかしな合体は、あまりに接合がきついことが原因だったのではないかと想像します。
まだ調整不十分な状態であれ以上は無理だったのか、または編集員が「お借りしているサンプルだから手荒に扱えない」と考えて中途半端なところでやめたのでしょうか…(^^;

以前から所有していたバトルマシンはジェット以外は同じころ生産されたデッドストック(おそらく76年の年末商戦向け以降の物)だったので、合体にはなにも支障はありませんでした。
さすがのポピーも、初めての合体巨大合金ロボの開発には試行錯誤がいろいろあって、細かな調整を続けていたのでしょうね。
これらの反省の上で、翌年にはパーフェクトなボルテスVが登場したということでしょう。


 
以下、初期版と普及品の相違点など。


P1303305.jpg

P1303303.jpg
顔と頭部シールの変更、これは有名ですね。


P1303262.jpg
初期のクラッシャーはメタリックブルーの色調が明るいので、タンクとの接合部に明確な色のギャップが生じます。
赤い部分も明らかに発色が良く、下地塗装として白っぽい色が吹かれているように見えます。
個人的に、オモチャっぽくて好きな色合いです(^^
胸のクリアパーツ内部の塗装も少し違いますね。

P1303284.jpg
背面は色分けラインが変更されている他、やはりクリアパーツ内部が異なります。
腕の付け根の塗り分けも違っていますね。

P1303296.jpg
パンチ基部は、初期は-、普及品は+です。

P1303299.jpg
普及品は取り付け角度が変更でき、拳の造形自体も別ものです。

P1303319.jpg
初期版の平手パーツは手元に無いのですが、こちらも造形が変更されているようです。
これは普及品の平手パーツ、右手です。

P1303324.jpg
こちらは「コンバイン計画書」掲載の平手パーツ、左手で造形自体も異なります。
これが初期の平手なのでしょうか?

P1303268.jpg
腹部のシール、どちらのタンクも初期型クラッシャーには対応していないものの、おそらくこちらが初期のもの。

P1303267.jpg
こちらが普及版のもの。


P1303310.jpg
合体説明書は、最初期は単色の1枚紙だったようです。

P1303314.jpg
次にカラー印刷に変更され…

P1303321.jpg
最後に冊子形態の「コンバイン計画書」になります。
計画書に掲載のバトルマシンは5機とも製品版になっていることから、発売の早かったジェット、クラッシャー、タンクなどの初期生産分には1枚紙の説明書が付属していたと思われます。
なお、合体強化ベルトについての記述はコンバイン計画書にしかありません。
ベルトが付属しないクラフトというのは存在したのでしょうか?


P1303327.jpg
内部図解も2色確認されています。これは水色。

P1303328.jpg
こちらは濃い青色。
おそらく水色が初期ではないかと考えています。



P1303291.jpg

あとはコンバインボックスが欲しいですが、箱だけの美品というのも入手が難しいだろうな~

放送当時にはバトルジェットしか買えなかった私のコンバイン計画は、43年を経てこれで完結……ということになりそうです(^^

[ 2020/01/30 22:59 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(2)

ゴールド2020

aa1.jpg

新しい年になりました。

画像はめでたい金色ということでオリオン・ゴールド合金のガンダムとダイターン3、同仕様の合金パズルザンボット3を並べました。



P1053221.jpg
この機会に合金パズル・ザンボット3とゴールド合金・ダイターン3を比較してみます。

P1053222.jpg
ダイターンはザンボットの金型改修で出来ているのがよくわかります。

P1053228.jpg

P1053230.jpg
変更点は新造の頭部のほかは胸部と下脚部前面の改造のみです。
これだけでなんとなくそれらしく見えてしまうのは、ある意味で見事な仕事といえるでしょうか…(^^;



P1053234.jpg

2000年代も5分の1が経過しようとしているのに気づいて愕然としますが、2020年という未来の時間を、ケムール人のようにしぶとく生き延びたいものです。






[ 2020/01/05 20:56 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(0)

ボルトインボックス付属品


PC033158.jpg

超電磁マシーンボルテスV・ボルトインボックス。
画像は1978年の正月明けに購入してずっと所有しているものです。


PC033163.jpg
付属品があちこち散逸していたのですがやっと再結集できたので、この機会に取り上げておきます。
なにかのご参考に(^^


PC033165.jpg
まず、ポピニカ手帳と超合金ボールペン。
手帳は最後期の「ものしりテレビ局№2」、昭和52年10月1日初版となっています。
内容は宇宙やスーパーカー、スポーツなどに関する雑学が中心で、オモチャの紹介は(当時の)現行作品関連のみなのが残念。やっぱり前年発行の「おもちゃ大図鑑」が欲しかったな~

ポピーの提供番組一覧ページに月曜夜8時放送の「みごろ・たべごろ・笑いごろ!」が含まれていて興味深いですが、これは「デンセンマンの番組」ということなのでしょうね。
ポピーはデンセンマンのミニソフト人形や凧(ポピーカイト)を発売していました。

PC033204.jpg
超合金ボールペンは銀色のものが入っています。
コンバトラーのパンチは左手で、発射のほかペンのキャップとして使用できます。

PC033155.jpg
本当は金色でポケットに差し込むパーツが付いてるやつが欲しかったです…
画像は講談社テレビマガジン1977年9月号より。


PC033166.jpg
ついでに、内フタの最下部がこちら。

PC033172.jpg

PC033168.jpg
各ポピニカのパーツ購入申し込み券になっています。
ランダーのミサイル、今からでも申し込みたいです(^^;



PC033177.jpg
他に付属している紙もの一式がこちら。

PC033181.jpg
ボックス専用のボルトイン計画書。

PC033182.jpg
掲載写真には初期版ポピニカが使用されています。

PC033152.jpg
なお、初期のボルトイン計画書は表紙デザインなど一部が普及版とは異なっていました。
画像はテレビマガジン1977年12月号より。
このバージョンも欲しいですが入手はタイヘンそうです…


PC033185.jpg
専用のアンケートハガキ、下部は広告になっています。

PC033192.jpg
大型基地ビッグファルコン広告。価格は3000円でした。

PC033188.jpg
アンケート説明部分。締め切りは1978年2月末です。

PC033187.jpg
アンケート面。


PC033207.jpg
ボールペン説明書。市販の替え芯が使用できるとの記載があります。


PC033194.jpg

PC033196.jpg
内部構造図は単品ポピニカ付属品と同じもののようです。
各ポピニカについての簡単な紹介があります。


PC033198.jpg
最後は77年カタログ№4です。

こうした紙ものは現存しにくいでしょうから、新品状態の判断基準になるかと思います。




PC033160.jpg

さすがに40年以上が経過しているので、画像の現物は持ち手のパーツが破損しています、無念…
それにパンザーのキャタピラも片方は切れてしまいました。
ゴム用の接着剤で補修できるのかな~



[ 2019/12/04 14:29 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(4)

《再掲》トカゲロンと怪人大軍団


2012年3月17日投稿の再掲載です。




 トカゲロンと怪人大軍団 RAH-220 
 
 
メディコムトイのREAL ACTION HEROES(RAH)で遊ぶシリーズ。
今回は仮面ライダー旧1号と第1クールに登場したクモ男からトカゲロンまでの怪人の対決スチールをRAH-220で再現します。
 
 

まずは第1話登場のクモ男。画像は第1話制作時に生田スタジオ近辺で撮影された特写です(仮面ライダーファイルマガジンVol.1/講談社2004より)。
 

RAH-220での再現。今回は人形の自立にはこだわらず、できるだけ写真に近いポーズをとらせてみました。
 
 
 

第3話のサソリ男、画像は天田の仮面ライダーカードゲームより。
 

RAH-220のサソリ男は色調・造形ともに本編イメージとはやや異なるものになっています。
 
 

第2話登場のコウモリ男、画像はカードゲームより。
 
コウモリ男とサラセニアンは本編での対決がナイトシーンになっていました。
そのため印刷媒体用のクリアなスチールを別途用意する必要があり、制作第5話(放映8話)のロケ時に簡単な撮影会が行われたようです。
上の写真のバリエーションには緑川ルリ子が登場しているものがあり、その服装から制作第5話のロケ時ということがわかります。
 

旧1号の肩関節の保持はいまひとつ甘いため、ポーズがきっちり決まりきらない感じです。
 
 

第4話登場のサラセニアン、カードゲームより。
上のコウモリ男と同時に撮影されたと思われる特写で、本編とは異なりショッカーベルトをしています。
 

画像の旧1号は合皮の劣化防止のため、ベルトの下に巻かれたビニールは付けたままの状態です。
 
 
 

制作第5話のハチ女との決戦。画像は仮面ライダー大全昭和編(講談社/2011)より。
 

持ち手に鷲の頭が付いたショッカーのサーベル?はこれが初使用のようです。
 
なお制作第6話(放映5話)登場のカマキリ男は意外なことに旧1号と単体で絡んだスチールが存在しないようなので、今回は割愛します。
 
 

制作7・8話(放映6・7話)の死神カメレオン、画像はカードゲームより。
大阪万博跡地ロケでの特写です。
 

藤岡弘氏の身体のひねりや重心の取り方は独特で、このサイズの人形ではちょっと再現できないようです。
 
 
 

第9・10話登場のコブラ男と猿島での対決。画像は仮面ライダー1号・2号超百科(講談社/1992)より。
 

RAH-220のコブラ男は全体的にいまひとつの印象です。
 
 
 

第11話のゲバコンドルとの決戦、画像はカルビーライダースナックのおまけカード84番です。
 

怪人の素体は肩関節の保持力がひどく弱いため、本編スチールのように腕を横に広げたポーズはとれませんでした。
 
 

第12話登場のヤモゲラス。画像は仮面ライダー大全昭和編に掲載された第13話での写真です。
この時期のライダーのアクション用マスクはCアイまでラテックス製のため、アップ用マスクとのイメージギャップが大きくなっています。
 訂正……Cアイは発泡スチロール製のようです。
 

RAH-220のヤモゲラスはビビッドな色彩でなかなかいい感じです。
 
 

第13話のトカゲロン、仮面ライダー大全昭和編より。
トカゲロンと旧1号の接近しての格闘場面は存在しないので、直接絡んだスチールは撮影されていないようです。
 

RAH-220のトカゲロンは極薄の軟質スーツでよく動きます。
首と腕の付け根の分割方法にもうひとつ工夫が欲しかった気がします。
 
 

RAHを使ったスチール再現は、今後はザンジオー対ダブルライダーやカメバズーカ対ダブルライダー、8人・9人・10人ライダーなどをやってみたいと考えています。
 
 
[ 2019/12/02 23:00 ] 合金・プラトイ | TB(-) | CM(0)